About us Home FAQ

無料メルマガ会員登録

E-mail
「困った!」をお金に換える
※社名・肩書・会社概要等は収録当時のものです。

無名ベンチャーが飛び込み営業で大企業と提携するノウハウ



大企業を巻き込んでビジネスを全国で展開するには一体何が必要なのか?

コネも、人脈も全くないところから、設立9年足らずで、旭硝子をはじめ日本を代表する数々の名だたる大企業と提携し、

業務を拡大しているジャパンベストレスキューシステム株式会社。



今回、同社代表取締役の榊原暢宏氏に「営業の勝ちパターン、事業の勝ちパターン」を語っていただいた。

全国のサービスネットワーク、4000店舗の信頼を勝ち取ったエピソード、

大企業に飛び込みで訪問しキーマンと商談したエピソードは、こんな営業方法だったのか?という目からうろこのものばかり。



さらに、注目していただきたいところは、榊原氏の次の言葉である。

「どのようにお客様に安心感を与えるか。前受け金でお金をいただきながら安定的な収益を得て、

そこに対してお客さんにどのようにしていいサービスを提供するか。」



これは、一つのビジネスのやり方だと榊原氏は語るが、この言葉はまさしく一つの「事業の勝ちパターン」である。

榊原氏はどのように事業を拡大し成功させていったのか?ベンチャー企業が全国にネットワークを構築し

、大企業を巻き込んでいったビジネス、ジャパンベストレスキューシステムの事業拡大の成長過程は、

あなたのビジネス展開に非常に参考になるだろう。




「困った!」をお金に換える

内容:CD1枚 (購入者特典:対談内容の書起しダウンロードが行えます。)

収録時間:50分

収録年月日:2004年

現在はセット販売のみとなっております(単品購入はできません)





インタビューの主な内容


● 断らないから業態が広がる

● 前払いの課金システム

● いかにお客さんを集めたのか?

● 無名の会社が大企業へ営業



● なぜ話を聞いてくれるのか?

● お大企業のアポイントを得るには?

● お客さんの視点に立った教育



出演者プロフィール


ジャパンベストレスキューシステム株式会社 代表取締役

榊原 暢宏氏 (さかきばら のぶひろ)



1967年愛知県生まれ。 大阪経済法科大学卒業後、パルコ系列の株式会社アクロス入社。マーケティング・販売業務に携わる。 1994年、バイクロードサービスを個人創業。3年後に株式会社化する。 ジャパンベストレスキューシステム(株)は、「生活救急車」の名称で、生活トラブルへのトータルサービスを手掛けている。 より多くの人たちの暮らしに『安心』感を与えること、そしてより多くの人たちのトラブルを解決し『ありがとう!』と言って いただけることを理念としている。2004年12月アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(EOY JAPAN 2004)受賞。

ジャパンベストレスキューシステム株式会社 ホームページ  http://www.jbr.co.jp






この教材へのお客様の声
営業の勝ちパターン


たとえ大企業相手だとしても、営業の勝ちパターンを確立して、それに応じて応対していくことで

一件無謀とも思われる場合でも、提携していくことがことができるんですね。

中小企業だからこそ、いかにして大企業を巻き込んでいくかということが重要なポイントだと気づきました。

E.Kさん 会社員 26才 女性 東京都


内容:CD1枚 (購入者特典:対談内容の書起しダウンロードが行えます。)

収録時間:50分

収録年月日:2004年

現在はセット販売のみとなっております(単品購入はできません)



Copyright © 2001- Kigyoukadaigaku.com. All rights reserved. About us | Privacy Policy
「起業家大学」は有限会社起業家グループの登録商標です.